ヘリの撮影は滞空時間か長いので安定感が抜群です

ヘリコプターによる撮影は人気が高く、安定感に優れているのでワンランク上の映像表現かできる魅力があります。

ヘリによる空撮は一般的な空撮手法でかつては振動がカメラに伝わって映像のブレが気になりましたが、今では技術が格段に進化しています。振動や揺れを吸収する装置が搭載されているので、ブレを抑えた撮影が可能です。最近人気なのがドローンによる空撮ですが、極限まで軽量化に拘っているのでバッテリーの容量が大きくありません。最新機種でも1回のフライトは30分程度が限界ですが、ヘリなら2時間から4時間程度飛行することができます。

ヘリでの空撮はスタビライザーの使用で映像が安定していて、多少の強風でも飛べるので天候の影響が少ないです。最大の魅力はホバリングが可能なところで、セスナと違ってホバリングすることができます。一点に留まって撮影することができるため、被写体に寄って上空に留まって空撮することが可能です。そういう意味では非常に便利で、合理的な撮影ができると言えるでしょう。ヘリでの撮影には様々なメリットがありますが、デメリットがあることにも注意しなければなりません。それはセスナよりもお金が高く費用がかかるところです。

一度チャーターすると50万円から60万円程度かかり、カメラマンの費用を入れると料金はさらに高額になってしまいます。しかしながら効果的でブレのない映像が撮れる魅力は捨て難く、お金に余裕がある人なら利用する価値は高いと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です