携帯メールの一つMMSの特徴と

携帯電話でメールをやり取りすることは簡単なことですが、実はその仕組みは意外と複雑です。

その理由は複数の規格が存在し、使えるものと、使えないものが携帯会社によって異なるからです。この点がパソコンの単純なメールと異なるところです。

携帯電話で使えるメールの一つにMMSがあります。これは「MultimediaMessagingService」の略で、3GPPとOMAによって標準化されている携帯電話用のメッセージングサービスのことを言います。

SMSと比較すると、件名が使えたり、70文字以内の文字数制限がなかったり、画像やファイルを添付できるなどの違いがあり、利用料金は無料です。従来の@softbank.ne.jp、@ezweb.ne.jpで終わるSoftBankやauなどで使われてきた携帯用のメールがMMSにあたります。

最近人気の格安SIMでは、このMMSを利用することができません。

また、3大キャリアでも、ソフトバンクはMMSの基準にほぼ準拠していますが、ドコモは準拠していないので利用することができません。auは利用することは可能ですが、制約があります。

他の諸外国と比べると非常に不便な状況になっています。パソコンとのやり取りという点では、SMSやEMSでは電話番号宛てにしか送信できませんが、MMSはメールアドレス宛ての送信もできるためにパソコンとのメールのやり取りも可能で便利です。

1回の送受信できる容量に「ついては、携帯電話会社によって異なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です