モービルマッピングを利用してできること

モービルマッピングは、地形調査を行い、様々な用途に役立てると言う意味では非常に画期的な方法として注目されています。

具体的には車両に様々な測定機器を搭載し、
その測定データを統合的に管理し編集することで従来に比べより詳細の地形情報を得ることができ、
正確な地形地図をつくる際に利用したり、災害対策等の重要な情報として利用されることが増えています。

モービルマッピングにおいては、その測定方法が非常に簡単なことも大きなメリットとなっています。

基本的には車両に測定機器を搭載し、その測定機器を動作させながら車両で対象となる場所を走行するだけで測定機器が自動的にデータを集める仕組みになっています。また近年はネットワークが発達していることで、そのネットワークを利用しながらリアルタイムにデータを送信し配信するといった機能も備えています。

モービルマッピングにおいては、自動車で走行したその走行経路における指導者自身の姿勢変化や、振動なども重要な情報になります。

この情報は最近は多くのカーナビ等にも応用されており、自動車で走行する場合の注意点や走行可能なルートの表示など、非常に高度なナビゲーションを行うための重要なデータとして利用されています。

さらに近年では様々な自動運転技術が開発されていますが、その運転技術の中にもモービルマッピングで取得した地形情報が生かされ、速度制御や姿勢制御といった高度な技術を制御する際の裏付けのデータとしても有効に活用されるものとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です